経済・政治・国際

2007年11月15日 (木)

ムーン・ボイド、とっておきの話

みなさん、こんにちわ〜。
  朝晩は寒くなってきましたね。インフルエンザの話題もあちらこちらに出てくるようになりましたし、季節の変わり目、くれぐれもご自愛くださいね。
 ちなみに私も先日、インフルエンザの予防接種を打ってきましたが、注射のうち間違えなどがないように(?)アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリーで、ボイド・タイムをチェックして、その時間は避けて病院に行きました。
 大きな検査や手術でもない限り、そんなに気にしなくても良いかも?とも思いましたが、まあ、転ばぬ先の杖ではありませんが、出来る事は心がけて行動してみると、暮らしのスパイスになって良いものですよ!

 ということで、前回、11日のブログの中で、アメリカの大統領を例に真弓香先生からボイドのお話がありましたが、それを読まれた方から、少々「ムーン・ボイド」恐怖症になっています〜とのコメントを受け取りました。

 そのことを香先生にお伝えしたところ、先生は、現在、東京での対面カウンセリングがスタートしたところですが、先日書き上げたばかりの次作の中のボイド・タイム(ムーン・ボイド)に関する部分の原稿を、ボイド恐怖症(?)になっている方のためにぜひご紹介ください、とメールして下さいました。
「出版前ですから、原稿公表はここだけの内緒にしておいてくださいね(笑)」という伝言付きです〜。

★★真弓香より、みなさまへ★★

 ムーン・ボイドは悪いことだけではありません。
「ものごとが成就しない」という特性を上手く生かすことで、苦手なことや危機を回避することもできるからです。

 たとえば、アストロロジャーを影で起用していたことで知られるレーガン大統領は、この達人だったといえます。
 経済的失策や外交の失敗など、支持率低下の恐れのある報道会見は、意図的にムーン・ボイドを選んで行いました。
 すると、この会見内容を伝える翌日の新聞やテレビニュースは、なぜか、最小限のありきたりの報道で終わり、その問題が蒸し返されたり、メディアから攻撃を受けて窮地に追い込まれる、というようなことは、ほとんどありませんでした。
 「テフロン・プレジデント」とはレーガン大統領のニックネームで、テフロン加工のフライパンのように調理しているものがこべりつかない、つまり国民からの非難が極度に少ないことを比喩してつけられました。また、大統領の支持率アップまちがいなしの政策や功績を声明発表するときには、ムーン・ボイドを避けて行っていたことは言うまでもありません。

 商品の値上げ、サービスの削減、株主総会、などなどを、あえてムーン・ボイドにスタートすることで、会社の信用やイメージには傷がつかず、もしかしたら、知らないうちに、テフロン◯◯と呼ばれるようになっているかもしれません。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 いかがですか?
 ものごとの良い点、悪い点はすべて表裏一体。一見、ネガティブに見える事でも、ポジティブに活用することが出来るなんて、アストロロジーの懐の深さを知ったようで、嬉しいですね!!

 みなさんも、あまり告知したくない事などで、あえて発表しなければならない事は、ボイド・タイムを選んでくださいね。あ、でも、巷をにぎわす耐震偽装や、食料品偽装などの経営者にはこの事、秘密にしましょう。だって、やっぱり公に暴かれなければだめなこともあるからね〜。良いのは、臨時収入の報告とテストの赤点??(f)

2007年11月 2日 (金)

スタートのタイミングを選んで運気アップ!

 みなさん、こんにちは。やっと水星レトログレードが終わりましたね!
 なんだか今回もしっかり影響を受けてしまって、私は終わってほっとしています(^_^;)色々とゴタついていた問題もこの水星レトログレードが終わると同時にス〜ッと治まってしまい、つくづく私たちは惑星の影響を受けて生活していることを今回も実感させられました…。
 この時期みなさんも私たちアストロ・アジェンダ・ジャパンセクションの経験談を読んで思わずうなってしまった方も多いと思います(笑)。

 ところで、今日は真弓香先生から「スタートの重要性」についてメッセージをいただきました!次回、何かを始める時はぜひ参考にしてくださいね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 さきほど、クライアントの会社設立の日時の鑑定が終わったところです。
この鑑定は「エレクショナル」といいます。先日もお話しましたが、月がだんだんと欠けて、ほとんど光のない11月8日〜10日ごろのスタートはほんとうによくありません。ということは、この頃、株式に上場する会社や、証券会社が売り出す商品への投資も、避けた方がよいということになります。

 これは、アストロロジーでは、スタートする事柄をひとつの運命をもったもの、と捉えて考えることからきています。たとえば、会社設立、店鋪開店、契約日、不動産購入、引越しなど、いかなるものでも新しくはじまることは、ひとつのエネルギーが誕生する、と考え、新しいことがスタートした瞬間のホロスコープ(天球図)を作成するのです。これは、人の運命が個人のホロスコープに暗示されているように、ものごとのホロスコープにもそれぞれの運命が暗示されている、という理論をもとにしています。

 人の誕生は、星の配置にあわせて自由自在にコントロールできませんが、ものごとのスタートは選択が可能です。つまり、意図的に、とびきり運勢のよい赤ちゃんを誕生させることができるわけです。このように選定したホロスコープを「エレクショナル・チャート」といいます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 香先生はこのエレクショナル鑑定に何枚ものホロスコープ(天球図)を作成し、その中から、もっとも幸運な惑星の位置を示すものを選択します。この選択されたホロスコープの日時が、すなわち物事のスタートに「ベストな瞬間」となるのです。でも、この鑑定には専門的なアストロロジーの知識が必要で、誰もが簡単にできるものではなく、もちろん私たちには到底無理なことですよね〜。

 そこで、誰もが簡単にエレクショナル鑑定の手法に従って、よいスタート日を選定できる、という意図のもとに考案されたのが「アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリー」なんです!これは、幸運・不運の日を自身で調べることができ、また、ベストな開始日を選ぶためのエレクショナル・データが分かりやすく表示されているのです。

 ベストなタイミングを選ぶことで、ラッキーを作り出していけるなんて、凄いですよね!(h)Ca_01_2

2007年11月 1日 (木)

そのスタート、ちょっと待って! 真弓香先生からの重要なメッセージです

 みなさん、こんにちわ。
 今日から11月、水星レトログレードもあと1日となりましたね。
 みなさん、今年最後の水星レトロのパワーを有意義に活用できましたか?
 ところで、、
 前回のhさんのブログを読んで、ちょっと混乱した方もいらっしゃるかもしれません。
 実は、契約などの「物事のスタート時」を選ぶのは、本来、とっても難しいのです。(長年アストロア・ジェンダ販売に関わっているhさんでもまだ、勘違いしていた程ですからね★)

 ここで香先生から重要なメッセージが届きましたのでお知らせします。
 ある意味、私たちが扱っている「アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリー」の基本中の基本、の情報です。

 「アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリー」には、さまざまな事柄の幸運・不運の日を自身で調べることができ、また、みなに等しいベストな開始日を選ぶためのデータ(エレクショナル・データと呼びます)が分かりやすく表示されています。

 つまり、水星レトログレードも大切ですが、例えば「契約」や、物事の重要なスタートなどの「大事な日」を決める
ため、まずは誰もが簡単にエレクショナル鑑定の手法に従い、よいスタート日を選定できるという意図のもとに考案されたのが「アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリー」なのです。(注:もっと詳しく個人的なスタート日時を選択するためには、その方のホロスコープと個人鑑定が必要です。)

 さてさて、以下は、香先生からのとっても、とっても重要なメッセージです。
 みなさん、じっくり読んでくださいね。
 

★★真弓香より、みなさまへ★★★★★★★★★★★★

 ちょっと待って!
 水星レトログレードが終わり次第、大切・重要なことをスタート!と思いきや、夜空の月はすでに冬支度(下弦〜新月)を始めています。

 アストロ・アジェンダは、月の周期を新月〜上弦、上弦〜満月、満月〜下弦、下弦〜新月と、4つに分けて説明し、重要ことがら、たとえば、会社設立、店舗開店、結婚、契約、引越しなどなど、を新しい事柄がいつスタートすれば、ものごとが幸運・成功に結びつくかが一目でわかるようになっています。

 そして、
「・ものごとのスタートは、月の光が満ちていく新月から満月の期間が最も好ましく、この期間が不可のときは、満月から下弦で選ぶ。

・ものごとのスタートは、日食、月食の前後約1週間は避ける。

 エレクショナル・チャートを鑑定するときには新月から満月の間を選択するか、この期間内にできない場合には、満月から少し過ぎた頃が選ばれます。また、新月の当日は、まだ月の光が十分明るくなっていないため、新月から1日過ぎた頃から満月前くらいまでが最も好ましい期間です。
  反対に、下弦の月から新月になるまでの期間はエレクション候補から外します。ダークムーンと呼ばれる月の光が全くない日は論外で、このようなときに物事をスタートしても、事は成就しない、と考えられています。

(外資系キャリアが密かに使う ビジネス・アストロロジー 成功の法則/経済界刊より抜粋)」

 エレクショナルが何かということは、追々、お話していきますが、今日は、2007年11月〜2008年1月末までの新月&満月のデータを細かくお伝えします。それ以後のデータは、また、来年1月にお知らせいたします。ご参考になさってくださいませ。

 
○ 11月10日 新月 8時03分 * 
 (*月が満ち始めるのは記載時間後より。記載時間前はダークムーン)
●11月24日 満月 23時30分 **
 (**月が欠け始めるのは記載時間後より)
○12月10日 新月 2時40分 *
●12月24日 満月 10時16分 **
○2008年1月8日2008年 新月 20時36分 *
●2008年1月22日2008年 満月 22時35分 **
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 いかがでしたか?
 スタートには、月の光が満ちていく新月から満月の期間が最も好ましく、この期間が不可のときは、満月から下弦で選ぶ〜が、基本ですよ。この重要な基本中の基本情報であるムーン・フェイズ(月相)が一年、365日分、ちゃん〜と載っていることが、アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリーがムーンダイアリーとも呼ばれる由縁です。
Ca_02jpg
Dialy_monthly

 何かをはじめよう、というみなさん、ぜひ、参考にしてくださいね!
(f)

2007年10月31日 (水)

危機一髪の契約書サイン!

みなさん、こんにちは。
まもなく水星レトログレードが終わりますね!

Ca_02
 ところで前回までの話しに少し戻り(逆行=レトログレード)しますが、真弓香先生のメッセージに

 水星レトログレードが終わる当日(約24時間)は契約書のサイン、語学や資格試験の勉強など、未来にむけてのことがらをスタートするのに、とてもよい日となります。」

とあったので、私はこのタイミングで、ある契約書にサインするつもりで段取りしていました。今回の水星レトログレード終了日時は11月2日の朝7:52なので、その前日のボイドタイム以降に予定していたのですが、ふと自分の解釈が間違っているような不安がよぎり、真弓香先生に質問しました。

香先生、「水星レトログレードが終わる当日(約24時間)」とはレトロが終わる日時から24時間マイナスした考えでよかったのでしょうか?今回は11/2のam07:52なので、前日の11/1のam07:52〜当日11/2のam07:52までの24時間という解釈でよかったのでしょうか?それとも当日11/2のam07:52〜11/3のam07:52ごろまで、ですか??

「ステーションに関する質問のお答えですが、順行になる前から、ほとんど動かずの状態です。

 例えば、今回の水星の運行は、10月30日 23度56分(天秤座)、10月31日 23度33分、11月1日 23度22度、11月2日 23度23度、11月3日 23度34度、11月4日 23度56分、11月5日 24度27分、11月6日 25度8分、11月7日 25度56分、11月8日 26度51分.....というように、順行になって落ち着くと、普通は1日に約1度づつ進んでいきます。(度数はグリニッジ標準時12時を基準)

 (まるで、バケーションから帰ったあとの元気ハツラツでハイの状態が、出社して数日後にはいつものルーティンに戻るかのようです。ほんとうに、星も私達と同じですよね。)

 このように細かくみると、ほとんど動かないのは2〜3日ですが『理論的』に『水星のステーションは約1日』と定義しているのです。静止しているときを、ステーションと呼んでいるわけですから、前でも後ろでも、だいたい当日、と考え、このときは、書く事、読む事など、水星が支配していることがらが活発になります。

 しかし、ものごとが『ゴーサイン』になるのは、順行に戻ってからのステーションの間、と考えます。(※契約書のサインは、レトログレードが終わってから)

 太陽と月を除く、どの惑星もレトログレードがあります。 軌道がゆっくりの惑星、例えば、海王星や冥王星は約8日間もステーションです。これも『理論的』に『8日間』であって、実際には、私達アストロロジャーは、前後どちらも関係なく10日あまりを『今はステーションだからパワフルなとき』というぐあいに受け止めていることが多いですね。

 しかし『アバウト』なことが通じないのは、一旦、惑星の運行が0度1分でも退行すると、そこからは『レトログレード』とします。反対に、0度1分でも順行に戻ると、レトログレードが終わったことになります。つまり、度数が、増えるか、減るかの『けじめ』だけは恐ろしいほど、全てのアストロロジャーがきっちりしています。」

と、とても詳しくメッセージを頂きました〜。最後に

「いくらパワフルでも、基本を忘れないでくださいね。ゴーサインは、終わってからですよ。そんなときに、契約書にサインなどをしないようにね。」

とも。やっぱり真弓香先生に確認してよかった!!!危うくとんでもない時にサインしてしまうところでした(^_^;)


 今回の水星レトログレードを上手く有効利用できなかったアナタご心配なく!来年もやってきますから(笑)詳しくは2008年版アストロ・アジェンダ・カレンダー&ダイアリーに、掲載されていますよ。お求めはこちらです。(h)

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック